立派な陰茎を手に入れる手術とは

ペニスが小さいという悩みを解決するために、陰茎増大手術をしようと考えたことはありませんか?

いろんなクリニックや病院が広告で宣伝をしている中で、「手術をして女性にモテモテに!」や「生活が激変しました!」なんて根拠の無い嘘に騙されないように、こちらのページでは手術の方法から危険をさけるために見極める方法などについて紹介していきたいと思います。

○切る?切らない?人気の陰茎増大手術

立派な陰茎を手に入れる手術とは

まず手術をする上で大きな分かれ道となるのが、大切な身体を切って手術をするかどうかというポイントを気をつけなければいけません。

切らない陰茎増大手術の中でも代表的な方法が大きく2つ挙げられ、最近になって話題となっている「切らない長茎術」と言われている手術は、ペニスが恥骨と靭帯で繋がっている部分に糸を挿入し、靭帯ごとペニスを前に引っ張るようにして長くするものになります。

体内に無害な糸を使っているため、身体に対する負担は少ない手術として有名ですが、糸で引っ張っているため数年間という短期間で元に戻ってしまう可能性が高いと言われています。

そして2つ目の方法は、注射で直接ペニスにヒアルロン酸などを注入することによって、ペニスの長く、そして太くすることができます。手術時間も短く、簡単に行えますが、こちらも自然と体内に吸収されていき、いずれは元に戻ってしまうという問題がありますね。

逆にメスで切る手術の方法は、ペニスの根元にある靭帯を切って、前に引き出すので効果はずっと続きます。先ほどの糸による方法をより確実にしたものと考えるといいかもしれません。

○必要な手術費と危険性とは

立派な陰茎を手に入れる手術とは

どんな手術でも気になるのが手術費用ですね。まず一番大切なのが、「治さなければいけない病気」ではないため健康保険が適用されず、10割負担となってしまうことになるのを覚えておきましょう。

そして手術ごとにかかってしまう費用ですが、最初の糸によって引っ張る陰茎増大手術はおよそ15万円、次の注射による注入はおよそ40万円、最後の靭帯を切る手術はおよそ30万かかると考えておきましょう。

意外とヒアルロン酸などの原料自体に値が張ってしまうにも関わらず、短期間で元に戻るためおすすめはできないですね。また、ヤブ医者など手術の経験回数が少ない人に当たる可能性もありますので、注意して確認するようにしましょう。